夏の涼を求めて

深縹色流水に銀糸の撫子薄物
K-1005 K-1005 K-1005

深縹色流水に銀糸の撫子薄物

(K-1005)

池田由紀子のコーディネートのポイント

今では作れない夏の織の着物です。着物と同じ撫子を染め抜いた薄ピンク色の織りの帯を合わせた盛夏用の装い。半衿を帯の色に合わせて薄ピンク色にし、若いお嬢様をイメージしました。着物の青をイメージするサファイア色の帯留をつけて、柔らかいピンク色にアクセントをつけると共に、着物との流れを良くしています。

着物寸法 身丈:4尺2寸6分(161.4cm)
桁 :1尺6寸5分(62.5cm)
袖丈:1尺7寸8分(66.3cm)
前幅:6寸(22.7cm)
後幅:7寸5分(28.4cm)
素材
関連

O-1019薄ピンク色撫子に萩絽袋帯:¥45,000(税別)長さ:4m12cm

D-1002サファイア色ガラス帯留:¥24,000(税別)

在庫状態 : 在庫有り
¥22,000(税別)
この商品のお問い合わせをする

関連商品

  • D-1002

    サファイア色ガラス帯留

    綺麗なサファイア色の1粒のガラスです。台は18金を使用。深みのある美しいブルーの […]

    ¥24,000